一本の道2020/06/29 10:20

藤井七段は、昨日の対局に勝ち、とうとうタイトル奪取まであと1勝に迫りました。
コロナ自粛期間を経て、久々の対局再開後の超過密スケジュールの中、ここまでのトップ棋士達との対局で凄まじい進化の証を存分に示しています。
私が20日前に感じた強さとは桁違いの力を、既につけていました。
永瀬二冠との対局も2ー0で、謙虚な永瀬二冠とは言え、「追いつけるように頑張りたい」と言わしめ、昨日の渡辺三冠戦では、「どこで悪くなったか分からなかった」という程の圧勝で、5番勝負で2ー0です。

この期間、途中で大橋6段に負けていますが、彼も波はあるものの大変強い若手でもあります。ただ、印象としては、連戦の疲労もあり、藤井七段がある意味で自滅した感のある内容でした。

将棋では、特にタイトル戦では先手が圧倒的に有利です。
昨日は渡辺三冠が先手でしたから、藤井七段が負けても不思議はありませんでしたし、私も、流石にフルセットにはなるだろうと思っていたので、昨日の後手番での勝利はまさに衝撃的でした。
渡辺三冠は、以前、タイトル戦で角番に追い込まれてからの連勝で逆転勝利の経験があります。が、その渡辺三冠をもつてしても、今の藤井七段に残り3局での逆転は、まず無いでしょう。それだけの内容を伴った勝利だったからです。また、そもそも藤井七段は、今まで連敗は殆どなく、3連敗もありません。

昨日のインタビューでも、あと一勝ですねと言われても、(五番勝負なので)「5局で一つの勝負と思っている」との答えでした。
全く気の緩みがありません。それに、危害を加えるというとんでもない予告にも動じる気配を感じさせない堂々とした姿を見せてくれました。

もうすでに王者の風格すら感じられます。元々、将棋の内容も、棋士の皆さんからも「人生何周目?」と言われるほど落ち着いた指し回しで、「背中のチャックを開けると大山名人(公式タイトル80期の大山康晴十五世名人)が出てくるんじゃないの」と言うくらいの強くて渋い手を指すのです。

また、単に勝つのではなく、その指し回しにプロをも唸らせる妙手、奇手が多くて、この若さですでに毎年の「藤井聡太全局集」や「藤井聡太の奇手」と言う本が既に出版されていることからもよく分かります。

よく間違えられますが、藤井七段はAIで強くなったのではありません。
AIを使うようになったのはプロ入り直前位で、しかも、AIでは決して指せない手を沢山指しています。上手く使いこなしていますが、全て自分の頭で考えているからこそ、誰にも真似のできない指し手が生まれるのです。

もう彼が藤井「7段」と段位で呼ばれる日は2〜30年後です。これからはずっとタイトルホルダーとして歩み続けることでしょう。
制度上、最短でも名人位を取れるのは2,3年後です。
その時、果たして藤井聡太さんは何冠となっているでしょうか。

今、彼の前には、他の誰も歩けない、真っ直ぐな一本の道が延びています。
どうか健康に気をつけて、どこまでもその道を進んでほしいものです。

できることなら、私も長生きして、それを見届けたいのですが、それは難しいかもしれません。
今まさに真の天才、この上なく真摯で謙虚で、プロもアマも、将棋を指さない人にも愛される棋士の成長する姿を見ることができるのは、なんと幸せなことでしょう。
私の人生にこの上ない楽しみを与えてくれて、本当に有難う!

脱帽です2020/06/09 09:48

昨日の棋聖戦第1局は、本当に手に汗握る熱戦でした。そして、最後は読み切って勝ったことに胸が熱くなりました。
コロナ禍で暗いニュースばかりの時に、この爽やかな青年(になりましたね!)が全力を振り絞って対局する姿に励まされ、応援したくなる人が多いのは当たり前ですよね。

ある意味、また過剰なほどの報道で、的外れなコメントも多い中、彼はまた淡々と次戦への準備をしていることでしょう。

しかし、今月からの超過密日程には本当に心配させられます。期待に応えて最年少タイトル挑戦記録を塗り替えたのも、そのお陰とはいえるのですが、あのような現・元タイトルホルダーを相手の激戦をずっと勝ち続けて、さらにまた順位戦や他の棋戦もどんどん戦わなければならず、学校に通えないだけでなく、自宅にさえ帰れない状況は過酷です。

それは勿論、他の棋士も同じで、渡辺3冠も今日移動して明日また別のタイトル戦があり、それぞれ本当にお忙しく、ご苦労も多いと思います。

将棋界の最高レベルの棋士(A級棋士)達がいくら天才と言っても、100%勝てるわけではなく、相手がどんどん強くなれば勝率も7割未満でトップ棋士です。全盛期の羽生善治さんでも年間8割勝ったのは確か2度です。

藤井七段の対戦は明日からまたどんどん続きます。その中で「意外な」相手に負けることもあるでしょう。しかし、それでも年間で見ればきちんと結果が出ているはずです。
藤井七段は、自分のピークを20代前半に設定しています。
事実、勢いのあるトップ棋士はその年代です。

それにしても、勝ち続けることは本当に大変です。今回の棋聖戦も一次予選からずーっと勝ち続けてこの舞台に立っているのです。
ただ、今までにどんどん勝っているので、予選免除の棋戦も増えてきました。という事は、益々勝ち易くなってきているということです。(勿論相手も強いわけですが。)

複数冠はもう目前なのです。そして、ここに至る迄の対局内容が一段と素晴らしかったように、最強の相手との対局でお互いを高め合い、今までと違う次元に入ろうとしています。
端的に言うと、藤井七段の指し手の意味を瞬時に理解できる棋士がもうほんの数人になってきています。俗にAI超えと言われる指し手です。

いやあ本当に眼福です。彼の進化と「最終形態!」を長生きして見届けたいものです。

記録更新!2020/06/05 09:46

昨日の対局は素晴らしい熱戦でした。そして見事な勝利でした。
強さは本物です(確信していましたが)。
結果は後からついてきますが、挑戦者になったことで、更なる飛躍は約束されました。藤井「七段」と呼べる時間はもう残り僅かとなったとも言えるでしょう。

今回のタイトル戦は4時間の一日制なのでまだやや不利かもしれませんが、互角の熱戦を繰り広げてくれるでしょう。今までもそうですが、今回のタイトル戦でも、藤井七段の一方的な負けはあり得ません。
万一初戦から2連敗があったとしても0ー3で負け、もあり得ません。いや、私の予想は3ー2のフルセットで初戴冠です。

藤井七段は今回の渡辺3冠との対局で、間違いなくまた大幅にパワーアップします。ええ、まだまだ強くなるのです。恐ろしいほどの強さですが、それは持ち時間が長いほど発揮されます。2日制のタイトル戦の方がより合っているのですが、それでも素晴らしい対局を見せてくれるでしょう。

藤井七段の一番の強さはメンタルです。あの若さでこのメンタルの強さは驚異的です。それを支えているのは、師匠の杉本8段のおっしゃるように、「マグマのような」闘争心、負けず嫌い、です。
しかし、反面、敗戦直後の、往々にして的外れで、時に大変失礼なインタビューに対する応答も完璧です。

気を衒わぬ王道をいく将棋の内容、謙虚な人柄、本当に風格すら漂い始めました。
もう安心して藤井七段の進化と大成を楽しみに生きていきたいと思います。

昨日も、永瀬2冠が先手(タイトル戦などでは先手が圧倒的に有利です)で、しかも藤井七段が苦手とする「相掛り(あいがかり)」の研究手をぶつけてきました。研究時間が限られる現役高校生と、将棋の鬼のような、惜しみなく時間を投入できる、ほぼ全盛期といえる永瀬2冠相手に最初はかなり押されながらも徐々に受け切って、最後はあっという間に勝勢に持ち込んだその力に、脱帽です。

記録更新なるか2020/06/03 12:42

コロナ禍による移動自粛によって、状況が二転三転した将棋界。
その中で、急遽行われることになった昨日の棋聖戦挑戦者決定戦の準決勝で、藤井聡太七段は前名人を見事に破って、記録更新まであと1勝としました。
日程は過酷で、明日、その決勝戦が行われます。

まず第一に、「記録更新」がかかっているのは、「最年少タイトル挑戦者」になることであって、タイトル獲得ではありません。(この記録更新にはまたあと1年の猶予があります。)
次に、御本人はこのような記録達成には恐らく関心がありません。目指しているのは「強くなること」だけであって、結果はおのずとついてくる、という発想です。

その上で、何がポイントかというと、藤井七段はいつもながら、メキメキと棋力を上げています。素人にわかりやすい1つの目安で云うと、いわゆるレーティングで言えば、
第1位:藤井聡太七段
第2位:渡辺明 三冠
第3位:永瀬拓矢 二冠
第4位:豊島将之 竜王・名人
第5位:羽生善治九段 となっています。

勿論、第2位から第4位はであっても実際には豊島竜王・名人、渡辺三冠 が2トップなのはどなたも異論がないでしょう。
また、公式戦では藤井七段は豊島竜王・名人には4戦0勝です。(非公式戦の新人王記念対決では勝利。)

とはいえ、1年前には圧倒的に負け越していた、今最も充実している新A 級の菅井8段、斎藤8段にはそれぞれ直近で4連勝と3連勝です。また、負けている豊島竜王・名人(この2つのタイトルは特別で、格が最も高いのが竜王、次が名人です)相手でも、回を追うごとに接戦になっています。
今回の相手、佐藤天彦9段は前名人でしかも3期連続というトップ棋士です。その佐藤前名人相手にある意味で圧勝でした。

次の相手、永瀬2冠は「負けない将棋」がモットーで、そのストイックさから「軍曹」(最近は中尉に昇進したとかいう噂も?!)と呼ばれている強豪です。
番勝負ならいざ知らず、1度の対戦で雌雄を決するのですから大変ですが、6:4位で勝てるのでは、と思います。

また、この棋戦以外でも、挑戦者になれそうな位置まで勝ち上がっている棋戦が複数あります。例えば、王位戦ではあと2勝で挑戦者になります。
ここでも相手は永瀬2冠だったりしますが、実はこのお二人は仲が良いのです。
藤井七段が定期的に練習対局をしている唯一のお相手が、この永瀬2冠です。
10歳年上で、とても優しい先輩です。また、藤井七段の才能を最も高く評価している棋士ともいえるでしょう。
この二人、公式戦での対決が初めてなのです。
これからもずっと競い合っていくお二人と言えるでしょう。

その意味でも明日は本当に楽しみです。千日手指し直しもあるかも?!
万一、明日がダメでもすぐに次があります。藤井七段には、最年少タイトル『獲得』の機会があり、更にひょっとすると複数冠の奪取さえ現実味を帯びてきました。
さあ、藤井劇場の本格的な幕開けです。
今年は本当に楽しみが増えました。

山小屋を応援📣2020/05/28 19:01

漸く登山も再開できるようになりましたが、まだまだ県境を跨いだ山行の自粛を求められています。
今シーズンの小屋の閉鎖を決めた山域もあります。

山と渓谷社のサイトで詳しく情報が掲載されていますので、確認してから出かけましょう。

そんな中、大変な状況にある山小屋を応援するプロジェクトが開始されました!
既に目標を大きく上回る額が集まっていますね。皆さん本当に志の高さをお持ちです。

ぜひご参加ください。私も僅かですが、応援しました。
詳細はこちらで💁‍♀️

https://motion-gallery.net/projects/yamagoya-aid