月岳山 ウォラクサン (韓国)へ2016/11/02 17:38

韓国の山に登ってきました。マイナーな山ですが、登りがいのある、展望・紅葉のよい岩山でした。
紀行文はHPの方でどうぞ。
http://www.ne.jp/asahi/piano/yama/WorakuSan.html

徳周寺(トクチュサ)より登山開始です。



案内板があります。クリックで拡大してごらんください。


私たちがたどったコースはこちら。(上の図の中を拡大しました。)


渓谷美を楽しみながら歩きます。


←ヨンボン(霊峰)3.9km   徳周寺1.0km→ の標識。

磨崖仏が見えてきました。



ここからが最大の難所です。急階段の連続です。

高度を稼ぎますが、「落石注意」、「墜落注意」の看板だらけ・・・。

こんなところもすり抜けて・・・

ようやくヨンボンが見えました!

彼方には忠州湖もうっすらと。

でもまだ稜線には出ていませんでした。

やっとたどり着いた稜線漫歩! 

さあ、ヨンボンが迫ってきます。

三叉路に出ます。ソンゲリに降りる分岐です。

小屋(帰路に撮ったので、逆から見ています)と

標識があります。クリックで拡大します。

いよいよ近くなりました。でも一体どうやって上るのでしょう?!

まずは岩峰を左にみて、巻いていきます。

結構進むとさらに分岐(忠州湖に降りる道)に出ると左に回り込むようになり、いよいよ山頂への道が始まります。

金網に守られたルートです。見下ろすと、ここはトンネル状になっています。

更に九十九折で近づくと、ようやく山頂がはっきりしてきました。
階段で登っていくようになっています。拡大してみてください。

見上げると結構隙間が・・・。

見下ろせばこんな感じ。

さあ、着きました!ヨンボンです。(^^)/ 360度の展望です。

あの尾根から来たのです。稜線上の白い点に見える場所はヘリポート。

ほっとしつつ、階段を注意しており、三叉路へ戻ります。
紅葉が綺麗でした。

 リスも見っけ!

三叉路に戻って、今度はソンゲリ方面に下山開始。
黄葉を楽しんでのんびり降りられると思ったのですが・・・。

どんどん急になり、手すりに助けられ・・・

やっと展望台で一休み。


その後もまだまだ続く急な石段。
手すりが欲しい~!

そうこうするうちに何とかゲートまで来ました。

入山規制の時間帯が書いてあります。11月から4月は5:00~13:00、
4月から10月は4:00~14:00ですね。
クリックで拡大します。

トイレ舎を経て、通りに出ました。拡大してください。
登山口の標識があります。
ヨンボン探訪路という表記ですね。

すぐ目の前のバス停ですが、時刻表がありません!

という訳で、とりあえずコース案内は以上です。(^^)/

韓国旅行編2016/11/05 22:37

今回の旅の番外編です。(^^)/

ソウル行は、右側に八ヶ岳、御嶽山と北アルプスが見えます。
手前は御嶽です。
クリックでどうぞ。

こちらは韓国上空。
白頭大幹(ペクトテガン)なのでしょうか。
(『白頭山から始まる大きな山脈』という意味で、白頭山から智異山まで朝鮮半島を背骨のように貫く山脈を示す名前だそうです。)
月岳山も見えていた??


さて、
月岳山登山のために選んだ宿泊地は水安堡(スアンボ)温泉です。
東ソウル高速バスターミナルからバスで向かいます。

*荷物を預ける場合*
復路、バスターミナルに荷物を預けようとロッカーを探したら、少ししかなく、しかも満杯でした。が、尋ねたら、荷物預かり所が別途ありました。名前は確か、「物品保管所」だったと思います。1階の奥の一角でした。夜の9時くらいまでに戻ればよかったと記憶しています。値段はロッカー程度でした。
ターミナル内の人に尋ねてみてください。

バスに乗るには、まず窓口で行先を伝え、切符を買います。
一応座席指定です。
英語も併記されています。乗り場は9番線ですね。

が、15番の席にはすでに先客(行商のおばさん風の方)が。
「あの~、失礼ですが、その席は・・・」と言うと、大声で、
「席は一杯空いているんだから、どこでもいいのよ!!!」
・・・はあ、そうでした。(>_<)
座席指定はあって無いようなものです。(笑) ま、座れれば良いので。

バス乗り場。上に「9番 スアンボ方面」の案内板があります。

バスの前面にも行先表示があります。13:40発、スアンボ行、
車体には京畿高速(キョンギコソクというバス会社名)と「直行」という文字も見えます。実際には途中でいくつか立ち寄りますが。
大きな荷物はバスの横のトランクを自分で開けて入れます。


中はこんな感じ。市外バスだったので、高速バスよりはちょっと質素ですが、
何といっても2時間以上乗っても1200円程度ですから。


スアンボから帰るときは、大通りの真ん中あたりに、乗り場を表す標柱が立っています。今はバスターミナルがないので、これを目印に。
「市外バス停留所」と書いてあります。
市内バス乗り場とは違うのでご注意を。(バスで月岳山方面へ行く場合には市内バスに乗ります。)


すぐ脇の商店ですが、ここで切符を買います。拡大してみてください。
「市外バス 乗車券販売所」の文字が黄色い看板に書かれていますね。

ついでながら、目の前のグレーの標識はタクシー乗り場でした。ここまでくれば朝でも乗れたかも?(通りを挟んでお向かいに、大きな文字でタクシーはこちらへ、みたいな看板と電話番号が書いてありました。)

スアンボの街はキジだらけ!

キジ料理が有名だそうです。(高価でしたが。)
夕方はネオンで綺麗。店の前にも看板にもキジがいっぱい!
一体何匹いるでしょう?拡大して数えてみてください(笑)。


私たちの初日の夕食は、ホテルのご主人お薦めのサムギョプサルのお店。
お肉が厚くて、美味しかったです。


二日目はキノコ鍋でした。キノコが沢山で、牛肉も入っていましたが、結構高価でしたよ。体によさそうな食事でした。

ソウルに戻ってからは久しぶりにお買い物で、南大門の登山用品店などを冷やかし、それぞれお目当ての物をゲット。(*^^)v
夕食はお待ちかねのサムゲタン。あっさり味のお店でしたが美味しかったです。

最終日はお天気が怪しく、一気に冷え込んで、震えながら観光しました。
昌慶宮(チャンギョングン)に行きました。運よく日本語ガイドさんを独占。


ちなみに、ドラマ「イ・サン」でも有名な正祖や祖父の英祖もここで暮らし、例の米櫃は、実はこの宮殿の一角に置かれたそうです。水原で米櫃に入ってみたのですが、実際はここだったんですね・・・。


正祖の子供、純祖が書いた扁額。↓


そんなわけで、久しぶりの韓国を楽しみました。
ちなみに、今回で韓国は15回目。(2009~)
山は7座目(回数は8回。慶州の南山に2度登ったため。)
でも、またすぐ行きたいです!(^^)/