関西遠征2017/03/30 16:37

生徒の発表会を無事に終え、その夜、バスタ新宿から夜行バスに飛び乗って、早速駆け付けたのはこちら。


早朝から凄い列でした。でもアルプス席は、かろうじて高架下辺りまでの列で、少し早めに窓口が開いたので、楽でした。
グッズをゲットして、向かったのはこちら。

以前から気になっていたのですが・・・


新長田駅至近の広場にあります。
それから戻って、早実の試合を見ながら、デパ地下で買ったお弁当を、S高の関西支部お歴々と一緒に味わって、早めにアルプス席に移動。


試合内容はもう、それは歴史に残る大熱戦で、応援冥利に尽きました。


ここまでは本当に凄い夢を見せてもらいました! (^^)/
でも、終わってみれば・・・。 (^-^;


いや、大健闘、大熱戦、素晴らしい試合内容でした!
その夜の『残念会』が盛り上がったことは言うまでもありません。
そして、初めての女性専用カプセルホテル泊。
なかなか興味深い経験でした。

翌日は、Y君のお薦めに従って、京阪の宇治・伏見1Day切符を買って、京都方面に観光に出かけました。この切符、お得でぜひお薦めです!
https://www.keihan.co.jp/traffic/valueticket/ticket/ujifushimi1day/

特に、拝観料の割引や、ちょっとしたプレゼントをもらえたりと、利用価値が高いので、買うときに受け取るパンフをじっくり読んで、特典を活用しそびれないようにしてください。

さて、まず向かったのは修学旅行以来のこちら、黄檗宗の万福寺です。





懐かしい~。40年ぶり位でしょうか。変わっていませんね・・・。
次は、宇治に向かい、宇治上神社へ。



兎にご縁の神社だそうですよ。
それからさっき通り過ぎた、もう1つの神社、宇治神社。


そして宇治川を渡り、お昼にしました。

ランチメニューの中で一番高いお弁当(笑)。
支払い時に当然とばかりに「現金払いのみです」と言われるのが京都の遅れているところだと私はいつも思います。外国人も多いのに、メジャーなお店でもそうです。おもてなしの心が足らないのではないでしょうか!

次に電車に乗って戻って向かったのは・・・
ケーブルで山上に向かいますが、高尾山ではありません(笑)。



石清水八幡宮です。見どころも多くてとてもよかったですよ!


下りは石段を下りながら、いくつかの史跡巡りを楽しめます。是非片道は歩いてみてください。

石清水の井戸、松花堂弁当の語源となった松花堂の跡などを静かに楽しみながら降りました。


門前の走井(はしりい)餅とお抹茶のセットで、まったり。

フリー切符のパンフを広げていて、気づきました。
1Day切符を提示すると、竹製のうさぎのストラップを頂けるのをすっかり忘れていました!
何と私は再度ケーブルに乗って、しっかりもらいに行きました。オバサン根性丸出し!
お菓子はとても美味しかったです。ちなみに、これまたフリー切符提示で煎茶セットなら50円引きでした・・・。

さてさて日も傾きかけ、昨夜はうるさくて眠れなかったので、体もきつくなってきました。
でも、せっかくなので締めに伏見稲荷へ。


清水寺と雰囲気が似ていますね。外国人と若い子だらけ!


一応入り口だけはチェックしてきました。登るのは次回。(*^^)v

夜行バスにまで相当の時間があるので、鈍行で淀屋橋に戻ります。
夕食代わりに、こんなものを食べに行きました。


熱くて口の中がやけどしそう! 明石焼きです。
それから移動してケーキセットなどを楽しみ、待合室で時間をつぶしてから、また夜行バスに乗り込みました。帰りは3列独立シートにしたので、そこそこ眠れましたが、まあ、いい年して強行軍ではありました。

楽しい春休み、S高のお蔭です。ありがとう!
でも、
夏にまた甲子園に連れて行ってね~~~!!!

コメント

_ や ― 2017/03/31 22:12

私は雨降り前の予定通り土曜日に前泊して飲み、本来の日曜日は山の辺の道界隈をかじってきました。そして同じく、三輪山の登り口だけ確認して戻ってきました。石清水も候補に入れていましたけど、新幹線から遠くて普段行けそうもない方を選びました。次は三輪山かな(笑)

_ Reiko ― 2017/04/02 13:06

試合の順延には悩まされましたね。日曜日なら来られたのにという同窓生がきっと多かったことでしょう。私にはラッキーでしたが・・・。
山野辺の道、いいですね。奈良は広いですから、時間をかけてノンビリ歩きたいですね。(^^)/

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://flora.asablo.jp/blog/2017/03/30/8426635/tb