紅葉も終わりの高尾山2017/12/05 11:59

そろそろ紅葉も見納めの高尾ですが、まだまだ頑張って咲き残っている花、カラフルな実、もちろん紅葉・黄葉も綺麗でした。







センボンヤリ 

秋の閉鎖花がするすると伸びた姿を、大名行列の千本槍に見立てています。
春に咲く花は丈が低くてかわいい白い花です。


咲き残りのトネアザミ(タイアザミ)


ムラサキシキブの実
野菊の中で最も菊らしいリュウノウギク

こんな寒さの中に咲いている小さな花を見つけました。
ウシハコベだそうです。

花柱が5裂するのが特徴とか。
虫眼鏡必携です(笑)。


サンキライ(サルトリイバラ)の実。
花から始まって1年中楽しませてくれました。

ヒヨドリジョウゴの実。

足元にはヤブコウジの実

さてこの不思議な瓢箪形??の実は・・・
スイカズラだそうです。(^-^;

比婆山連峰 お花編2017/10/06 23:22

道後山のように全山花で溢れているという訳ではありませんが、比婆山連峰も随所で大群落がみられました。
まずは、ロッジ前の大草原はマツムシソウ、ツリガネニンジン、ワレモコウなどの大群落です。





池のほとりには、首を垂れたキセルアザミの群落が。

アケボノソウも綺麗です。

こちらはタンナトリカブトだそうです。
少し優しい感じがしました。

途切れなく咲くヤマラッキョウ。

大膳原にはものすごい数のヤマラッキョウが。
↓アップでご覧ください。

リンドウも凄い花の数です・・・。

カワラナデシコも時々はっと目を引きます。

大膳原にはウメバチソウの群落も。

固有種のコゴメグサでしょうか。

センブリ

山で目立った、ユキザサの赤い実。
花の頃もさぞかし見事な群落でしょう。

アキノキリンソウ

初めて見た、キクバヤマボクチ。
葉が菊の形ですね。

花もシックです。

サワフタギ

キバナアキギリもひっそりと咲いていました。

道後山2017/10/06 21:54

広島と鳥取の県境にある300名山の道後山に行ってきました。
月見ヶ丘の駐車場まではすれ違いもできない狭い道で冷や汗をかきましたが、本当に素晴らしい花一杯の、大展望の山でした。

駐車場は既に一杯。トイレもあります。

駐車場にある案内板。
拡大できます。↓

いきなりマツムシソウの大群落!

小さいのに目立つ、色の濃いゲンノショウコ。西日本はこの色が多いそうです。

イヨフウロ。四国フウロとも。
ハクサンフウロとの違いが判りません・・・。


リンドウ

もうブーケのようです。

ワレモコウ

まずは岩樋山に。向こうに道後山が見えます。

ヤマハハコ

一旦降りて、大池経由で道後山に向かいます。
大池。

センブリも一杯。

道後山。

360度の展望です。うっすら大山も見えました。

咲いていた花は、他に
メタカラコウ、ヤマソバ、ヤマラッキョウ、アキチョウジ、カワラナデシコ、ウメバチソウなどでした。
途切れなく花が咲いていて、写真ストップでなかなか進めないほどでした。

今月見た花2017/09/27 22:47

ナンバンキセル
(小山田緑地にて)


秋の高尾山にて
シモバシラ


クサボタン



ツルニンジン (ジイソブ)


ヤマハッカ のアップ


ボントクタデ

最後に、
ツルギキョウ。


バンクーバー2017/09/03 19:52

今回の旅行、最後は妹と別れ、一人で長距離バスに乗ってバンクーバーに向かいました。利用したのはBolt Busで、シアトル市内からノンストップでバンクーバーまで4時間で結んでいます。
途中で国境を越えるときは、一度荷物を持って降り、質問に答えます。
無事4時間で市内に着き、迎えに来てくれた友人の車に乗り込みました。

繁華街のGastownのでは、蒸気でメロディーを鳴らす時計が面白く、また先住民の文化を表すお土産選びが楽しかったです。


こんなものも(笑)。



港に向かって、オリンピックの時のトーチ、


歩いていくとその先は海。


そしてアラスカへ行くという大きなクルーズ船。

大きな公園(スタンレーパーク)には楽しいトーテムポールがいっぱい。


短い時間なのに、たっぷり案内してくれました。
翌日は別の大きな公園へ。





巨大なツリフネソウに驚きましたが、これはオニツリフネソウというそうです。




公園の下草が、マイヅルソウだったのでびっくり。流石緯度が高いんですね!

本当に短い滞在だったのに、たくさん観光させてくれたTちゃんに、謝謝!